ダイエットで注目を浴びる「ファスティング」で痩せ体質を手に入れる!

ファスティングの期間や注意点は?

2018年08月07日 10時56分

基本的に、ファスティングは3日間で、専用の飲み物と水以外の物は3日間口にする事は出来ません。また、それぞれのライフスタイルに応じて、半日や一日で行うファスティング方法もあります。なので、自分の体に無理する事無く取り組めます。ファスティングで大事な事は、ファスティングで摂取する飲み物が適切な物であるかと言う事です。ファスティングに不適切な飲み物を摂取して行っていては、期待する効果も実感を得る事無く終わってしまいます。折角の3日間の時間が無駄になってしまわない様に注意して行いましょう。
 
『ファスティングの注意点とは?』
ファスティングで一番気を付けなければならない点は「回復食」選びです。ファスティング終了後に、一気にまたいつもの食生活に戻したり、極端なドカ食いをすると、折角ファスティングで体内リセットした事が水の泡になってしまいます。
[回復食のポイント]
・「回復食」の一食目には、おかゆ等体内の消化器官を慣らしていく為に、胃に負荷の掛からない物   
  を摂取する。
・「回復食」はファスティング行った期間と同じ期間取りながら体をならしていく。
・質のいいお水を一日2ℓ以上飲む様に心がける。
・亜麻仁油を大さじ1、2杯摂取して、必須脂肪酸を摂る様にする。
・植物性乳酸菌を含んだ発酵食品を摂取して善玉菌を増やす。
等、色々配慮する事があります。減量した事が嬉しくて「痩せたから、まあ良いか!」と、急に大量に食べ物を食べてしまいリバウンドしない様に気をつけましょう。
 

まとめ

皆さんいかがでしたか?今注目を集めているファスティングですが、体にとっても良い効果を発揮してくれる、画期的な体質改善の方法ですよね。ファスティングの方法にも種類があるので、色々試してみて下さい。しかし何事もそうですが、やり方や方法を間違ったまま行うと、一番大事な自分の健康を害してしまう可能性もあるので、ファスティング方法をしっかり心得て行う事が大切です。現在
では、全国に専門家の指導を受けながらファスティング出来る施設もあります。ファスティングをしっかり学びながら取り組みたい人には、施設でファスティングに挑戦する事がおススメです。施設では日々のプログラムが決められており、栄養バランスも考慮されているので、自分で考えなくて良いので便利ですね。現代はダイエットブームですが、どんなダイエットをしようかお悩みの方は、ファスティングでしっかり体質改善をしてみてはいかがですか?